貸館情報

4階 会議室 許容人数 10人 施設使用料/冷暖房使用料(1時間) 200円/100円

5階 研修室1 許容人数 18人 施設使用料/冷暖房使用料(1時間) 300円/200円

5階 研修室2・3 許容人数 36人 施設使用料/冷暖房使用料(1時間) 300円/200円

5階 パソコン室 許容人数 10人 施設使用料/冷暖房使用料(1時間) 500円/200円

料金一覧

<貸館施設料金>

●貸館施設使用料/1時間あたり

貸館施設使用料
・1時間未満のときは、1時間とみなします。
・営利を目的とする場合は、当該使用料の2倍の額を徴収します。但し、冷暖房使用料はその対象としません。

●付属設備使用料について/1時間あたり

付属設備使用料について
・1時間未満のときは、1時間とみなします。
・営利を目的とする場合は、当該使用料の2倍の額を徴収します。
・付属設備は、上記で定める施設利用時のみの貸出とします。
貸館PC仕様はこちら

●無料貸出事務用品

無料貸出事務用品
・備品は必ずご返却ください。

<その他料金>

●コピーサービス

コピーサービス

●ICT体験コーナー使用料

ICT体験コーナー使用料

●ICT体験コーナー印刷料 (A4 1枚片面)

ICT体験コーナー印刷料 (A4 1枚片面)
※1回10枚まで印刷できます。
※利用者が誤ってデータを送信されて出力された場合、一切の責任を負いません。

利用方法

<施設予約方法>

窓口来館での予約

予約は使用日の属する1ヶ月前の月の1日から先着順で受け付けます。電話、FAXでの予約はできません。
また、施設を初めて使用する場合、使用する施設の窓口で利用者登録が必要です。免許証等の本人確認書類をお持ちください。

情報プラザ施設予約申込書をダウンロード

<予約の取り消し・変更について>

予約の取り消しや変更は、申し出時期によりキャンセル料が発生します。
また、還付金の受け取りには必ず印鑑が必要です。

予約の取り消し・変更について

・冷暖房、備品の使用料は全額還付いたします。
・還付額に10円未満の端数が生じた場合は、切捨て算出します。

空き状況の確認

「岡垣町公共施設予約システム」を利用し、インターネット上で24時間365日どなたでも自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンから施設の空き状況の確認ができます。
ただし、予約システムを利用しての予約はできません。

施設予約システム

パソコンから利用される方へ

携帯電話からは、QRコードを読み取って簡単にアクセスできます。

利用のきまり

<使用上の注意>

以下の事項を遵守し、施設をご利用ください。
・使用権の第三者への譲渡、転貸しはできません。
・騒音、暴力、危険物の持ち込み等の迷惑行為は禁止します。
・使用を許可されていないエリア等への立ち入りは禁止します。
・開館時間以外の入館はお断りします。
・施設の管理上必要があるときは、ご利用の施設に職員が立ち入ることがあります。
・使用前には使用許可書を4階窓口に掲示してください。
・使用後は施設を使用前の状態に戻し、4階 施設案内窓口に終了した旨をご連絡ください。
・部屋は予約(使用)時間になり次第開錠します。予約(使用)時間には、入室から準備(IT環境整備を含む)、退室までの時間を含みます。
・準備や片付け等に必要な人員は利用者自身でご準備ください。(IT環境に係る配線作業等は、利用者が行うものとします)
・消耗品、事務用品は利用者でご準備ください。
・印刷物、ポスター、その他これに類するものの配布や掲示には許可を受けてください。
・壁へのポスター貼り付け、釘打ちは禁止します。
・火気、水の使用はお断りいたします。
・お持ち込みされた機材、ごみ等は、退出時に必ずお持ち帰りください。
・飲食は3F カフェエリア・4Fロビーのみ。但し、パソコンを使用しない研修室等での飲食は許可を受けてください。
・湯茶を提供する必要があるときは、給油室を利用することができます。但し、必要な食器については利用者でご準備ください。
・付属設備や備品等を所定の場所以外に持ち出す場合は、許可を受けてください。
・施設、付属設備、備品、ソフトウェア、プログラム等の汚損、破損、紛失があった場合は弁償いただきます。
・パソコンへのソフトウェアのインストールは原則禁止します。
・当館利用に伴う個人情報の保護、管理は自己責任とします。万一個人情報の漏洩等が発生しても当館は一切の責任を負いません。
・所持品は各自で管理してください。万一盗難等の事故が発生しても当館は一切の責任を負いません。
・故意または不可抗力により起きた事故等について、当館は一切の責任を負いません。

<使用許可の制限・取り消し等>

次に該当するときは申し込みをお断りします。また、使用許可後においても使用の取り消しをすることがあります。
・公の秩序、善良な風俗を乱すおそれがあるとき
・施設、付属設備、備品等を汚損、破損、若しくは滅失するおそれがあるとき
・集団的にまたは常習的に暴力的な不法行為を行うおそれのある組織の利益になると認められるとき
・許可条件に違反したとき
・条例または条例に基づく規則に違反したとき
・使用の申し込みに偽り、その他不正な手段があったとき
・正当な理由がなく、使用料を納められないとき
・施設の管理運営上支障があるとき
・施設の管理運営上特に必要があるとき